長谷時間

鎌倉・長谷界隈に流れる時間を感じてもらいたい。そんな想いから生まれました。
まちの商店主たちがメディアには載らないようなちょっとおもしろい話や想い出などをご紹介しています。

  1. HOME
  2. 長谷時間

猫のまなざし -2-

2019年6月02日

三月。鎌倉の小学生だった自分は何をしてただろうと思い浮かべると、そわそわ?ふわふわ? 自然に外に出て行った記憶が体の奥で動き出す。

昭和30年第40年代の鎌倉の子供の外での冬の遊びはコマ回しと決まっていた。今では高価な特産品となっているらしい木製の大山ゴマだ。あの頃はそれがどこにでも売られていて、子供達が簡単に買えて何個も持っていた。直径10~20センチ、その大きさのコマをぶつけ合う。やっているとすぐに体が熱くなった。

コマは春になると終わった。コマ以外にもいろいろな遊びが出来るようになるからだろう。冬の曇った海岸なんてホントに寒くて長くはいられなかった。春は日差しがなくても子供にはじゅうぶんな暖かさだ。家の中で遊ぶことはほとんどなくなった。長谷の子供たちの遊び場は、観音の境内、大仏の駐車場と周辺の路地、甘縄神社の境内……と、さすが神社仏閣が多い。今ほど境内にいろいろな碑とかそういうものが建ってなかったから広々していた、と同時に起伏がいっぱいだから〈ドロケン〉やるにも〈ポコペン〉やるにも絶好だった。ドロケンは泥棒と警察がなまった2組に分かれた集団鬼ごっこ、ポコペンは缶蹴りの変形の隠れん坊でこれは鎌倉独特の遊びかもしれない。

日曜日は野球もやった。私が小3のとき和田君という中3のリーダーがいて、学年ばらばらの10人以上の集団でワイワイ浜まで行って三角ベースをやった。やってると浜まで散歩にきた近所の兄ちゃん、おじさんが混ざる。小3の私は途中からオミソ扱いだったが、大人たちの中にいるだけで楽しかったな。

ところで鎌倉の山は落葉しない常緑樹が中心だ。だから秋の山はほとんど紅葉しない。ひと冬あまり活動していなかったくすんだ葉が山を被っている。常緑樹とはいっても春先の葉はモスグリーンに感じる。落葉樹の山とはまた別の、静かに眠っている感じがある。三月のうらうら暖かく風のない日に鎌倉で山を見ているとなんとも、ものがなしい気分になる。

間違わないでほしいのだが、「ものがなしい」は「悲しい」とは違う。もっとずっと深く、生きることの奥に横たう感覚だ。薄く雲に被われた乳白色の空の下、風がなく体は緩み、意識せずにどこからか漂ってくる花の香りを感じている。山は静かにそこにある。

 

<プロフィール>

保坂和志(ほさかかずし)

小説家。1956年山梨県生まれ。幼少時。鎌倉長谷に転居。

長谷幼稚園。第一小学校。栄光学園中学・高校、早稲田大学卒。

90年「プレーソング」で小説家デビュー。

95年「この人の閾(いき)」で芥川賞、

97年「季節の記憶」で谷崎潤一郎賞・平林たい子文学賞、

2013年「未明の闘争」で野間文芸賞を受賞。猫好きとして知られる。

2018年「こことよそ」で川端康成賞を受賞

猫のまなざし -1-

2019年2月27日

長谷と縁の深い芥川賞作家の保坂和志氏。

その保坂氏に寄稿していただいている

長谷の市「かわら版」のコラム「猫のまなざし」を

「はせのわ」のHPでも紹介させていただくことになりました.

 

猫のまなざし -1-

保坂和志

 

これから毎回この「長谷の市かわら版」に文章を書くことになりました、保坂和志です。

小説家です、いちおう芥川賞作家でもあります、あんまり知られていませんが。生まれたのは山梨ですが、幼稚園に入る前にここ長谷に引っ越してきました、通ったのは長谷幼稚園です、幼稚園では長谷観音の今は山主のゲンちゃんと同級生でした、幼稚園で「同級」って言うんでしょうか?

鎌倉の人で鎌倉幕府を知らない人はいない。そんなあたり前だけど鎌倉の人にとって「幕府」と言ったら江戸幕府でも室町幕府でもない鎌倉幕府だ、全員がそう思っている。地域の特性というか偏りはホントに面白いものだと思う。鎌倉の人は「武士」と聞いたら源頼朝を連想する。つまり鎌倉の人にとって武士といったら鎌倉武士だ。江戸時代の旗本や戦国武将は連想しない。武士といったら源氏の武士、そんなことあたり前だと私は思っていたが、よその人に言ったらものすごくびっくりされた。全国的には「武士」と聞いて鎌倉武士を思い浮かべることはないらしい。

ついでに言えば、鎌倉の人は源頼朝のことを嫌いじゃない。何しろ実家の隣の人は猫にヨリトモと名づけたくらいだ。しかし全国的には弟の義経を殺害した冷酷な男というイメージで、頼朝は義経と比較されてとかく評判が悪い。もちろん鎌倉の人で平氏に肩入れする人なんか一人もいない(たぶん)。でも源氏の比較でも一族が滅亡したという判官びいきで(あ、判官とは義経のことだ)平氏の方がきっと思いれのある人が多い。

と、ここまで書いてきてハタと気がついた、<鎌倉武士>というイメージを持ってくれている観光客がそもそも少数派なんじゃないか?鎌倉は寺社の町か、湘南の一角の海の町というイメージが圧倒的なんじゃないか?

しかし鎌倉駅周辺の街灯をみてください。街灯には旗みたいなのが懸っていて、紺地に白で鎌倉幕府に関連した武士の名前が染め抜かれています。「下馬四つ角」という停留所は「しもうま」ではなく「げば」と読み、幕府に参上するのに武士はそこで馬から降りたという地名の名残り(?)です。それから長谷に家があったノーベル賞作家の川端康成は晩年、鎧武者の幽霊に悩まされたという噂が地元ではあります。これも当然、鎌倉武士で戦国武将ではありません

 

 

<プロフィール>

保坂和志(ほさかかずし)

小説家。1956年山梨県生まれ。幼少時。鎌倉長谷に転居。

長谷幼稚園。第一小学校。栄光学園中学・高校、早稲田大学卒。

90年「プレーソング」で小説家デビュー。

95年「この人の閾(いき)」で芥川賞、

97年「季節の記憶」で谷崎潤一郎賞・平林たい子文学賞、

2013年「未明の闘争」で野間文芸賞を受賞。猫好きとして知られる。

2018年「こことよそ」で川端康成賞を受賞

紫陽花まちめぐり

2018年6月23日

今年もはせのわでは「紫陽花まちめぐり」と題して、

6月~7月上旬の梅雨の時期、

加盟店の店先に素敵な紫陽花の鉢植えを飾り、

長谷にお越しの皆さまをお迎えしております。

 

はせのわの紫陽花は、町中でみられる紫陽花とは少し違う品種をご用意。

こんな紫陽花もあるのね! と道行く皆さんも、足を止めてくださっています。

 

紫陽花は、土壌によって花の色が変化することから、

その花言葉は「移り気」や「無常」など、ちょっとネガティブな意味合いで

使われることが多いですね。

でも最近は、小さな花が寄り集まって一つの玉になっている姿から、

「家族団欒」といった意味で使われることも多くなりました。

 

元々、日本固有の花で「額アジサイ」と呼ばれるものが原種でした。

それがアメリカやヨーロッパなどに持ち込まれて品種改良され、

逆輸入する形で現在お花屋さんなどに多く流通されているのが

「西洋アジサイ」になります。

 

いまでは、国内の生産者さんがこの品種改良の手法で、

様々なハイブリッドの西洋アジサイ、ハイドランジア(英名)を栽培し、

色鮮やかな園芸品種として出荷されています。

 

端正込めて作られた珍しい紫陽花。ぜひ、ご堪能ください!

 

TAMAYO

 

「雪桜」

2018年3月25日

3月21日、長谷は雪景色です。

今年は桜の開花が早く、光則寺の桜のつぼみも、だいぶ膨らんでいます。

開花を待つばかりの桜の枝が、とても寒そうです。

でも、翌日からは暖かくなり、春本番!

間もなく、光則寺のこの参道も、桜一色になるでしょう。

3月31日は、長谷のお花見「桜〇日」が開催されます。

満開の桜の下で、楽しい一日をお過ごしください。

Nao

 

文学から見た長谷 その1

2018年1月12日

萩原朔太郎、大正5年の避寒

 

「避寒」という言葉。今はほとんど耳にすることはない。ビル群などの都市活動から発せられる熱のせいで、東京都内を寒さの厳しいところと感じている人は少ないのだろうが、高層ビルが建ち並ぶ前の東京の冬は厳しく、鎌倉など温暖な町で冬を過ごす「避寒」という生活スタイルがあった。

今から102年前の大正5年12月、詩人の萩原朔太郎は郷里 前橋の寒さを避け病気療養のため坂ノ下の旅館 海月楼に滞在した。滞在のもう一つの目的は第一詩集『月に吠える』の編集を行うことだった。30歳の朔太郎は、この詩集で口語自由詩に先駆者として一躍名をあげ、文学史にその名を刻むことになるが、本人はまだ知る由もない。朔太郎は、翌年の2月まで滞在。詩人の日夏耿之介と交友するなどし、健康を回復させ前橋に帰っていった。

由比ヶ浜の海を眺めながら朔太郎は何を思ったのだろう。この時と確定はできないが、朔太郎は滞在中、雑誌に詩を何篇か発表している。その中の1篇をひいてみよう。

 

「冬の海の光を感ず」

 

遠くに冬の海の光をかんずる日だ

さびしい大浪(おほなみ)の音(おと)をきいてこころはなみだぐむ。

けふ沖の鳴戸を過ぎてゆき舟の乗手はたれなるか

その乗手等の黒き腕(かなひ)に浪の乗りてかたむく

 

ひとり凍れる浪のしぶきを眺め

海岸の砂地に生える松の木の梢を眺め

ここの日向に這ひ出づる蟲けらどもの感情でさへ

あはれを求めて砂山の影に這ひ登るやうな寂しい日だ

遠くに冬の海の光をかんずる日だ

ああわたしの憂愁のたえざる日だ

かうかうと鳴るあの大きな浪の音をきけ

あの大きな浪のながれにむかつて

孤独のなつかしい純銀の鈴をふり鳴らせよ

わたしの傷める肉と心。

 

冬の由比ヶ浜の海は、朔太郎が詩に書いたように、低い太陽が、海を神秘的に輝かせることが多い。慌ただしい街を抜けだし、冬の由比ヶ浜の光る海とよせる波の光景に心を落ち着かせることは、現代の避寒といえるかもしれない。(鎌倉文学館 小田島一弘)

 

jikan02

海月楼の絵はがき 個人蔵

jikan01

坂ノ下附近の海

紫陽花まちめぐり

2017年7月07日

毎年、紫陽花が咲く6月いっぱいにかけて開催しております

「紫陽花まちめぐり」も、今年で三年目を迎えました。

年々、紫陽花の鉢植えを飾っていただく店舗も増えており、

今年は15店舗で計32鉢の紫陽花が店先に並べられました。

有難いことに、その紫陽花鉢も私のお店であるVERDEから皆様へ

提供させていただいております。

毎回、お値段以上の珍しくて良い鉢をと仕入れに奮闘してますが、

おかげさまで一部の方からは大変ご好評いただいております。

紫陽花は花言葉にありますように「移り変わり」や「七変化」など

咲き始めが鮮やかであったと思ったら、終わりの方では少しくすんで、

でもいい感じのアンティークのような風合いに変化していきます。

ただ直射日光にあたりすぎたり、水やりを怠ったり管理を疎かにすると、

そのような素敵な色合いにはなってくれません。

その様を見ていると、人間の人生を垣間見ている気がするから不思議です。

僕は40手前の若造ですが、紫陽花のように年を重ねていけたら幸せですね。

VERDE
河田

jikan01 jikan02

「はせのわ」のサイトに、裏サイト出現!?

2017年5月17日

そうです、長い間、中身が空っぽのままだった「裏はせのわ」のページに

なんと一気に、長谷のまちの動画が何十個もアップされました~

チェック!チェック!

→ http://hasenowa.com/special/

 

長谷生まれ、長谷育ちの女子大生「うみ子」ちゃんが、

大好きなものを見つけに長谷のまちをぶらぶらしています~

みんなの好きなあのグルメも、あの場所も、あの品も、、

長谷のまちの魅力がぎゅっと動画に詰まっています!

 

ユーチューブにもアップしているから、ここからもみられますよ~

→ https://www.youtube.com/channel/UCa_umux3k0n1GioWbqqC1dg/videos?shelf_id=0&sort=dd&view=0

 

ちぇけらー

極寒BBQ???

2017年2月02日

jikan01

な、なんですか?それ?
に、2月1日夕方から屋外でBBQですと〜ヾ(。`Д´。)

楽しそ〜(^0^)
そうなんです!一昨年に続き、今年で2回目の開催でして、はせのわ会員➕極寒の中、宴に集いたいと申される強者方により催されました。

今回、鎌倉長谷華正樓さんhttp://www.kaseiro.com/kamakura/
の御協力を頂きまして駐車場スペースにてワイワイガヤガヤさせて頂きました!有難うございます!

実行委員長 「鎌倉すざく」http://www.kamakura-suzaku.jp/ja/index.php
鈴木社長が終始焼き焼きして頂きましたo(*^▽^*)oこれが又巧い
プロですね〜
焼き肉は勿論❣焼き焼売、焼き肉まん❣
絶妙な焼き具合でして、極寒の中お腹の中から暖まる、いや、心に染みる温かさがありました(≧∇≦)

極寒、極寒、と書いておりますが、アレ?そんなに寒く無い?
٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
そうなんです、今年は非常暖かく感じる2月1日❣
今年は雨も少なく暖かな日が続いております((o(´∀`)o))ワクワク
長谷の街のあちこちで、お肉の香りでは無く、梅の花が良い香りを漂わせております〜
長谷 梅まちめぐり
是非、ホォトContest
http://hasenowa.com/event/3540/
にも多くの投稿をお待ち申し上げております。

 

人力車 えびすや 千野

『居心地良く、気持ち良く』 Cafe Luonto の紹介です。

2017年2月01日

昨年4月12日オープンしたカフェを紹介いたします。

長谷駅から1分、長谷駅ホームから鎌倉駅方面へ向くと良く見える線路沿いの立地ですが、改札を出てすぐに右の小道に入らないとうまく行けないカフェです。

01

大通りではなく、1本入った路地裏的な場所、隠れ家的な場所を探し、そこに決めました。

ロケーション的には、駅にも海にも近く、江ノ電から見えて、江ノ電も見える好立地ですが、多くの観光客は来ません。ほとんど地元のお客様と知人、友人、リピーター、ワンちゃん散歩客です。

 

オープン時のコンセプトは「美味しいコーヒーと美味しいケーキ、居心地の良い場所を提供する」でした。それは、今のところ出来ていると思います。いい意味で混んでいない、いつもくつろげる、のんびりできるカフェです。しかし、もう少しいい意味で活気がほしい、にぎわいがほしい感じです。

02 03

それで、これからもう一つのオープン時のコンセプト「江ノ電長谷駅、長谷寺、由比ヶ浜にも近いので、オリジナルMapを作成し、散歩や観光の途中で寄っていただく。海方面からのお客様にも寄っていただく」を実現していきたいと思います。

 

長谷駅からの人、長谷駅へ向かう人、海方面へ向かう人、海からの人、鎌倉の観光ポイントの候補にあがる場所になっていければと思います。江ノ電の音、自然が残っている稲瀬川の風景、カワセミやサギがやって来て、ウナギもアユもいます。暖かくなるとカニがすごい。

子供たちが、浮輪を持って走っていく風景は、自分の子供の頃と変わらない。こんな立地に感謝します。いい感じで風が流れて、いい時間が過ごせればいいかなと思います。ぜひ、お客様にも、気持ちの良いカフェであり続けたいと思います。

 

04 05 06

——

長谷駅から徒歩1分、江ノ電から見える、江ノ電が見える、おしゃれでかわいいカフェ。

海からも近く、気持ち良くずっといたくなる居心地の良いカフェ。

美味しいコーヒーと自家製ケーキで、素敵な時間が過ごせるカフェ。

——

Cafe Luonto

鎌倉市長谷2-11-21

0467-53-8417

10:00 – 18:00(季節により変動あり)

毎週火曜、第1月曜定休

54年ぶりに

2016年12月05日

11月24日、長谷に雪が降りました。
前日、雪予報にはなっていましたが、「まさか11月に雪が降るなんて」と半信半疑でした。
翌朝、外がしーんとしている様子で、もしやと窓を開けてみると、なんと雪景色。
しんしんと雪が降っていました。
11月の降雪はなんと54年ぶりで、積雪は観測以来初めてとの事でした。
長谷は今、紅葉の見頃を迎えていようとしています。
急に寒くなったせいか、今年の紅葉は例年より少し早く、とても色鮮やかです。

紅葉と雪の景色なんて、鎌倉ではありえない事なので、これは写真に納めなくてはと、
高徳院、長谷寺へ。

予定して観光に来ていた方も多く、雪の中大変そうでしたが、こんな景色が見られて
ラッキーだったかも。

Nao

01

02

03

04

05

鎌倉はせのわ

最新ニュース

令和元年度 甘縄神明宮例大祭

[イベント]

8月22日 UP

令和元年度 甘縄神明宮例大祭 鎌倉には鶴ヶ岡八幡宮を代表に数...

[イベント]

8月07日UP

かまくら長谷の灯かり2019 場所    :高徳院...

[イベント]

7月15日UP

KAMAKURA DESIGN + ART WAL...

[お花情報]

6月26日UP

紫陽花/アジサイ 6月24日(紫陽花/アジサイ)梅...

[お花情報]

6月15日UP

紫陽花/アジサイ 6月13日長谷寺(紫陽花/アジサ...

ハザードマップ

ハザードマップ
神奈川県の避難経路は
こちらをご覧ください。

はせのわオンライン

はせのわオンライン
鎌倉はせのわのオンラインショッピングを掲載。