長谷時間

鎌倉・長谷界隈に流れる時間を感じてもらいたい。そんな想いから生まれました。
まちの商店主たちがメディアには載らないようなちょっとおもしろい話や想い出などをご紹介しています。

  1. HOME
  2. 長谷時間

海沿いの繋がり

2012年1月26日

思春期(という言葉がまだ時代に適うのかな?)、

由比ガ浜の自宅から材木座の中学に通い、長谷の友達の家で遊んだ。

海岸に沿って、一日が動いていた。

材木座も長谷も、そしてもちろん由比ガ浜も、

日々の暮らしを支える商店街が活気を呈し、

今日のような観光産業はほとんどみかけることのなかった時代。

今縁あってここ長谷で、主に観光客を相手の仕事をしている。

 

中学校の校門を出るとすぐにトンネルがある。

その外側の山肌に立つと、下に光明寺の大伽藍が迫り、

海岸線を長谷・坂ノ下に沿ってたどると、稲村ガ崎、江ノ島が海に浮かぶ。

その奥には伊豆半島が陽炎のように遠く南に連なり、

中空に幻影のような富士山が泰然とたたずむ。

そんな景色を見ながら育った。

その景色を、日本で一番美しい情景と、今でも信じて疑わない。

 

優しかった一つ上の先輩は、材木座のしらす漁師として名を馳せ、

鎌倉の名産「しらす」を世に知らしめた。

平素は地元坂ノ下の漁師に求める、しらす。

「すんません。ウチ、近くの喜○丸で仕入れてます」と言うと、

「いいんだよ、漁師はみんな仲間だからよー」と笑顔で返すコーゾーさん。

事情でしらすが手に入らない時、

「先輩、ちょっと面倒見てくださいよ!」と不義理を承知で頼み込むと、

「俺んとこも獲れてないけど、もう一回船出すから、獲れたら連絡すんなぁ」。

昼ごろ「○○クン、獲ったぞー!!」と船上から電話。

『無理して獲ってきてくれたな・・』

01

年が明け、その人の突然の訃報。

通夜には、斎場に入りきれない弔問客の列が道にあふれる。

その人柄が、絶えることのない人の波を迎えていた。

今冬の海を眺めていると、その人が操る船の航跡が思い出される。

コーゾーさんのことを旧友と語り、酒を交わしていると、

海に沿った繋がりが今を生かしてくれている、そんな思いが深くなる。

 

海に暮らす人の町でもある、鎌倉。

わかめ漁が最盛期を迎えている。

長谷・坂ノ下と材木座、腰越がそこである。02

 

鎌倉はせのわ

最新ニュース

紫陽花まちめぐり2021

[イベント]

6月02日 UP

紫陽花まちめぐり2021 鎌倉・長谷を紫陽花とともにめぐりま...

[イベント]

11月05日UP

「長谷寺 秋のライトアップ(夜間特別拝観)」 例年...

[イベント]

9月05日UP

第5回鎌倉はせのわフォトコンテスト2020入選者発...

[長谷時間]

4月14日UP

《 新型コロナウイルスに関するお知らせ 》 新型コ...

[お花情報]

4月10日UP

桜/サクラ 3月27日(長谷寺)境内の桜は、まだ3...

ハザードマップ

ハザードマップ
神奈川県の避難経路は
こちらをご覧ください。

はせのわオンライン

はせのわオンライン
鎌倉はせのわのオンラインショッピングを掲載。