長谷時間

鎌倉・長谷界隈に流れる時間を感じてもらいたい。そんな想いから生まれました。
まちの商店主たちがメディアには載らないようなちょっとおもしろい話や想い出などをご紹介しています。

  1. HOME
  2. 長谷時間

かまくら長谷の灯かり 2016

2016年10月03日

「光がつながっている。歩こうか。」
夏の終わりの一週間。
8月22日(月)から28日(日)まで、長谷・坂ノ下・極楽寺エリアの8名所、「鎌倉大仏高徳院」「光則寺」「長谷寺」「極楽寺」「鎌倉文学館」「甘縄神明宮」「御霊神社」「収玄寺」が、夜間一斉ライトアップされました。

それぞれに灯された光は、歴史や文化、自然をも照らし出す、幻想的な「灯かりの世界」。

開催期間中は台風に挟まれ、残念ながら天候には恵まれませんでしたが、訪れた方々にはとても評判がよかったようです。

灯りの演出にはそれぞれの名所にあわせたテーマがありました。
私は8名所を全てまわりましたので、ここで少しご案内させていただきます。
 
「鎌倉大仏高徳院」
鎌倉大仏は、創建時は金箔が施されていたといわれています。またかつては大仏殿がありました。そのいにしえのお姿が想起される灯かりがテーマです。
大仏様を金色の光で照らし、大仏殿の柱跡からは光の柱が天に向かって伸びていました。
4つの光の柱は雲まで届き、まるで天からの光が大仏様を囲んでいるかのようでした。
event01
 
「光則寺」
花の寺と言うにふさわしい、優しく華やかな灯かりで心が癒されます。週末は「はせのわ」会員の店舗が集まり、参道で夜市を開催しました。
event02
 
「長谷寺」
お参りする方にそれぞれ提灯が配布され、自身も光のひとつとなり、灯りとつながる参加型のインスタレーションです。境内は昨年の第一回目の「長谷の灯かり」とはまた違った趣向で照らされていました。
event03
 
「極楽寺」
茅葺の山門をくぐり抜けると蓮の花が浮かぶ、極楽浄土をイメージした灯かりが広がります。
参道の石畳を歩けば、極楽に迎えられているような夢の世界でした。
event04
 
「鎌倉文学館」
長いアプローチをランプに足元を照らされながら進む先に、洋館が夜空にしっとりと浮かび上がる、そんな瀟洒な灯かりの世界。
洋館内の特別展も拝観しながらゆっくりと時が過ぎました。
event05
 
「甘縄神明宮」
鎌倉で一番古い神社が放つ神秘的で荘厳な雰囲気の灯かり。直線的でシンボリックな参道と階段を照らす光が、おまいりする人々を導きます。
event06
 
「御霊神社」
樹齢約400年のご神木に包み込まれたような空間を中心に、お祭りの賑わいを表現する灯かり。地域の方々により、お囃子や謡も披露され、情緒的な旋律にも酔いしれたひとときでした。
event07
 
「収玄寺」
印象的な屋根をしっとりと浮き立たせ、境内の植栽にもあわせたきめ細やかな灯かり。
長谷駅前通りに面したお寺からこぼれる光は「かまくら長谷の灯かり」の入口としても演出されていました。

また期間中は、各商店や通りに提灯が下げられ、それぞれの名所と同じ色でつながるという一体感で、この灯かりのイベントを盛り上げていました。
event08
 
こちらでご紹介した写真は、ほんの一面を切り取ったものです。実際に目にする美しさには遠く及びません。
来年の夏にも開催されることでしょう。次の「長谷の灯かり」もどうぞお楽しみに。

鎌倉はせのわ

最新ニュース

紫陽花まちめぐり2021

[イベント]

6月02日 UP

紫陽花まちめぐり2021 鎌倉・長谷を紫陽花とともにめぐりま...

[イベント]

11月05日UP

「長谷寺 秋のライトアップ(夜間特別拝観)」 例年...

[イベント]

9月05日UP

第5回鎌倉はせのわフォトコンテスト2020入選者発...

[長谷時間]

4月14日UP

《 新型コロナウイルスに関するお知らせ 》 新型コ...

[お花情報]

4月10日UP

桜/サクラ 3月27日(長谷寺)境内の桜は、まだ3...

ハザードマップ

ハザードマップ
神奈川県の避難経路は
こちらをご覧ください。

はせのわオンライン

はせのわオンライン
鎌倉はせのわのオンラインショッピングを掲載。