長谷時間

鎌倉・長谷界隈に流れる時間を感じてもらいたい。そんな想いから生まれました。
まちの商店主たちがメディアには載らないようなちょっとおもしろい話や想い出などをご紹介しています。

  1. HOME
  2. 長谷時間

長谷 文学散歩 句碑・歌碑編

2014年10月22日

鎌倉は多くの文学者に愛され、住んだり、長期逗留したりした。

長谷も人気のある地域だった。今回は、長谷に残る句碑・歌碑を中心に文学の足取りを

追ってみよう。

 

  • まずは最も古いところから、甘縄神明宮にある万葉集の歌碑(石碑)。

「鎌倉の見越しの崎の岩崩(いわくえ)の 君が悔ゆべき心は持たじ」

これは万葉集の第14巻3365首目にある相聞歌(そうもんか/恋の歌)です。

意味は「鎌倉の見越しの崎(御輿ヶ嶽/見越ヶ岳/社殿のウラ山)の岩が崩れるような

あなたが悔やむような不実な心を私は持ちませんわ。」というもの。

甘縄神明宮は鎌倉最古の神社で710年の創建だから、万葉の時代にはこの神社の名声は

すでに確立されていたようです。

 

  • つぎは高徳院(鎌倉大仏)。ここには4つの歌碑・句碑があります。

・まずは最も有名な与謝野晶子の歌碑

「かまくらや みほとけなれど釈迦牟尼は 美男におはす夏木立かな」(夏)

・つぎは金子薫園の歌碑

「寺々の鐘のさやけく鳴りひびき かまくら山に秋風のみつ」(秋)

・そして星野立子の句碑

「大佛の冬日は山に移りけり」(冬)

・さらに飯室謙斉の句碑

「春の雨 かまくらの名も和らぎて」(春)

ごらんのように、4つは四季(春夏秋冬)に対応しております。

実はもうひとつ、高徳院の裏には小さな墓地があるのですが、そこに吉屋信子の

「秋燈火 机の上の幾山河」という知る人ぞ知る句碑があります。

 

  • 長谷寺には2つの句碑があります。

・まずは高浜虚子の句碑

「永き日の われらが為の観世音」

・そして大野万木(おおのばんぼく)の句碑

「観音の慈顔尊し 春の雨」

大野伴睦(俳号:大野万木)は戦後活躍した政治家です。

おまけですが、高山樗牛の居住記念碑と久米正雄の胸像もありますよ。

 

  • 光則寺には、宮沢賢治のあの有名な詩の碑があります。

そうです、「雨ニモマケズ・・・・ソウイフ人ニワタシハナリタイ」の詩が賢治の筆跡

で本堂横に石碑が鎮座まします。

これは先代の住職が宮沢賢治の大ファンだったため、設置したとのこと。賢治も法華経

の信者でした。光則寺は日蓮宗だから、むべなるかなというところです。

 

そのほか、もちろん鎌倉文学館、吉屋信子記念館があります。

この秋、長谷の文学散歩もなかなかオツなものかも知れませんよ。

141022-hasejikan-01

鎌倉はせのわ

最新ニュース

紫陽花まちめぐり2021

[イベント]

6月02日 UP

紫陽花まちめぐり2021 鎌倉・長谷を紫陽花とともにめぐりま...

[イベント]

11月05日UP

「長谷寺 秋のライトアップ(夜間特別拝観)」 例年...

[イベント]

9月05日UP

第5回鎌倉はせのわフォトコンテスト2020入選者発...

[長谷時間]

4月14日UP

《 新型コロナウイルスに関するお知らせ 》 新型コ...

[お花情報]

4月10日UP

桜/サクラ 3月27日(長谷寺)境内の桜は、まだ3...

ハザードマップ

ハザードマップ
神奈川県の避難経路は
こちらをご覧ください。

はせのわオンライン

はせのわオンライン
鎌倉はせのわのオンラインショッピングを掲載。