長谷時間

鎌倉・長谷界隈に流れる時間を感じてもらいたい。そんな想いから生まれました。
まちの商店主たちがメディアには載らないようなちょっとおもしろい話や想い出などをご紹介しています。

  1. HOME
  2. 長谷時間

長谷公会堂とお花見

2012年1月26日

約50年前に建てられたという、甘縄神明宮の敷地内に建つ≪長谷公会堂≫

老朽化と耐震不足のため、昨年10月から今年2月までの5ヶ月間、

改修工事が行われました。

その工事により建物の2階部分を撤去、平屋建てになると聞いていましたが、

実際には玄関上の2階部分は保存され、板の間が残りました。

板の間には畳も敷かれており、ちょっとした集まりに利用できそうなスペースが

出来ていました。

0102

(上が改修前、下が改修後。向かって建物左上の様子が異なります)

 

建物の1階にはステージのあるホールがあり、

子供達の空手の稽古や様々な集会に利用していますが、

かつて、神明様のお祭りにはのど自慢大会等も行われていたとのことです。

 

今回の工事で取り外してしまった2階部分は大きな座敷で、

商店会でも会合やお花見の時によく利用していました。

2階の回廊から見渡す満開の桜が、庭の提灯の灯りに照らし出され、

とても綺麗だったことが今でも印象に残っています。

田舎のおばあちゃんの家にでも遊びに行ったときのような懐かしさを感じ、

趣のある日本家屋はとても気持ちが落ち着く場所でした。

03

(改修工事により撤去された2階の大座敷)

 

昨年は東日本大震災の影響で日本中が自粛ムードとなっており、

商店会で予定していたお花見の会も中止となってしまいましたが、

今年は改修工事も終わり、地域のお花見の予約で予定表が埋まっているようです。

 

長谷地域でお花見の場所は?と聞かれたら、長谷公会堂と答えるでしょう。

一般の方の利用は出来ませんが、甘縄神明宮の境内から綺麗に咲き誇る桜を

楽しむ事が出来ます。

満開の桜を眺めながら一休みするのも良いですね。

0405

wood rose

 

景観重要建築物

2012年1月26日

鎌倉には「景観重要建築物」というものがあるのをご存知ですか。

以下がその制度の説明です。

 

鎌倉市には、明治から昭和の初め頃に建てられた

洋風建築物が多く残されています。

しかし近年、次第にその姿が消えていくという状況のなかで、

平成2年に「鎌倉市洋風建築物の保存の為の要綱」を定め、

それらの保存と活用に努めてきました。

平成8年7月1日には、「鎌倉市都市景観条例」 が施行され、

これらの洋風建築物に加え、和風建築物や門、塀などの工作物を

「景観重要建築物等」として指定し、保存と活用を図る制度が設けられました。

01
02

近年都市の開発が進み、まちの景観が著しく変容していく中で、

このような制度があることは景観を保護する上でも、

まちの人々の景観に対する意識を高めていく上でもいいことだと思います。

 

ちなみに現在、鎌倉市の景観重要建築物は32所あります。

鎌倉市のサイトで確認することが出来ます。

(http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/keikan/kezyuyou.html)

 

 

その指定第1号が長谷にある鎌倉文学館ですが、その他にも長谷・由比ガ浜

界隈には、この指定を受けている建築物が数多く見られます。

鎌倉彫の寸松堂と白日堂、旅館の対僊閣とかいひん荘鎌倉、

長谷子ども会館(旧諸戸邸)、のり真安齊商店、加賀屋邸など全部で8箇所。

景観重要建築物の1/4が、この界隈に集まっていることになります。

 

指定を受けている建築物は、一般公開がされていない、居住中の住宅である、

地図の掲載がされていないなど、なかなか見たくても見られない、

もしくは外から眺めるだけといったものが多いのが現状です。

 

その点、先に挙げた長谷の建築物は、文学館や長谷子ども会館など

直接中に入れるものや、商家や宿泊施設として現在も活躍しているものもあり、

訪れてみる楽しみがあります。

0304

なんとなく長谷って、昔の鎌倉の風情を色濃く残すところだなと感じるのは、

歴史を刻んだ建物の雰囲気が、寺社や山並み、海といった、

昔からの景観と調和して存在しているからなんだと思います。

 

そんな視点でまちを歩いてみるのも普段とは違った面白みがあり、

楽しいものです。

 

ほかにも素敵な建物や景観が数多くある長谷・由比ヶ浜界隈。

建物やその風景に刻まれたまちの記憶を感じることが出来るかもしれません。

 

長谷の風と薫りともに・・・。

 

 

0467 K

東日本大震災一周忌追善法要・鎮魂の万灯会

2012年1月26日

昨年3月11日の東日本大震災。

東北を中心に大変な惨事に見舞われてしまった日本の各地。

あれから一年が経ち、復興に向けてまだまだ何も進んでいない

被災地の現状に心が痛みます。

鎌倉も当時、江ノ電の運休、高徳院の拝観休止などで人通りが絶え、

今までには考えられない程長谷の通りは閑散としていました。

 

3月10日の夕刻長谷寺にて、震災一周忌前夜鎮魂の祈りの「万灯会」が、

厳かに執り行われました。

日蓮宗・臨済宗・真言宗・浄土宗の仏教界各宗派が垣根を越え、

一堂に会して願った祈りは、東北へときっと届いた事でしょう。

一日も早い復興を祈るばかりです。

01

私たち「長谷の市」実行委員会は当日、冷え込む時間帯に来訪される方々の為に、

境内にて門前汁・お汁粉・甘酒などを振る舞い、

参拝客に暖まっていただきました。

代金としてはいただかず、お志として頂戴したお金を全額、

義援金として役立てる事にしました。

02

会場に上がる階段途中の踊り場では、

被災された方々の写真が展示されていました。

そのタイトルには、こう書かれていました。

 

3月11日 地球は小さく呼吸しました。

そしてそれは、わたしたちにとってあまりにも大きく、

そして悲しい呼吸でした・・・

 

誰の責任でもない大自然の驚異をただしっかり受け止め、

この惨劇を二度と繰り返すことのないよう、

この自然の現象に私たちは向き合い、

しっかりと備えなければならないと感じました。

 

雷神堂  泰

 

長谷子ども会館

2012年1月26日

甘縄神明宮から鎌倉文学館に向かう山沿いの小路の途中に、

瀟洒な洋館があります。長谷子ども会館です。

この洋館は明治41年、横浜・戸塚出身の株仲買人、

福島浪蔵の別邸として建築されました。

関東大震災にも建物は健在で、その後も大きな改修が行われておらず、

往時の建築様式と建築技術、ことに内外観の華麗な細部意匠に

目をみはるものがあります。

ドア枠や窓枠にまで細かな装飾がなされている様は、

ただただ感嘆するばかりです。

0102

現在は鎌倉市に寄贈され、子ども達の集いの場「長谷子ども会館」として

活用されています。

私も幼少期、よくここで時を忘れて遊びました。それこそ飽きずに毎日毎日。

長谷っ子なら、誰もがここで遊んだはずです。

 

入口を入り、まず自分の名前を記帳します。後は、全て自由!!

広い部屋を駆けずり回ったり、竹馬やクッションブロックなどで遊んだり。

本嫌いな私はあまり利用しなかったのですが、図書室もあります。

もちろん、おもちゃの数も相当なもの。

飽きることなく、いろいろと遊ぶことができます。

 

でも一番お世話になったのは、併設されている広場『つくし公園』です。03

公園にはお約束の鉄棒や滑り台、ブランコなどが設置されています。

子ども会館でボールなどを貸してもらって、仲間たちとさんざん遊びました。

 

長谷に来られた時、ふと思い出したら是非寄ってみてはいかがでしょうか。

残念ながら一般の方のご利用、および室内の見学はできませんが、

趣のある外観を見るだけでも、長谷観光のスパイスになるはずです。

 

もう一言。

夜、公園のベンチに座って、ビール片手に子ども会館を眺めるのもお薦めです!!

きっと、しみじみと自分の世界に浸ることができる、はずです。

0405

山源

雪景色の鎌倉

2012年1月26日

先日、鎌倉では4年ぶりとなる、積雪5センチをこえる大雪が降りました。

見慣れている長谷の町は一面銀世界、とても神秘的な町並みになりました。

01020304

表日本型の気候に属し、気温差も比較的少なく、温暖良好な気候の鎌倉に

こんな大雪が降るなんてことは滅多にありません。

ならばスタッフ皆で、海に降る雪を見に行こうということに。

 

由比ケ浜大通りから路地を通り抜ければ、由比ケ浜海岸まで5分程。

素敵な路地がたくさんあるのも長谷の町の魅力です。

05

路地を進むと、遮断機のない江ノ電の踏み切りが現れます。

気をつけて通り抜け、少し歩けばもうそこは海。

 

昔、由比ヶ浜海岸の由比というのは、みんなで助けあう「ゆい」から

きていると聞き、いい名前だなと思った記憶があります。

 

普段は漁師さんとサーファーで賑わうこの海岸も、

今日はひと味違う、モノクロームの世界。

06

期待した以上の自然のパワーに、一同圧倒されました。

由比ヶ浜海岸に沿って走る国道134号線には、海を眺めながら食事を楽しめる

レストランや、犬も連れて入れるカフェが数多く並んでいるので、

天気がいい日に鎌倉の自然にふれ、そんな場所でゆっくりと過ごしてみては

いかがでしょうか。

tsunagu project一同

鎌倉文学館 と かこさとし

2012年1月26日

鎌倉文学館は、長谷にある観光名所のひとつです。

鎌倉ゆかりの文豪達の展示品を見るだけでなく、

その広い敷地や、大きな建物の中に入るだけでも

特別な気分になれます。

旧前田侯爵家別邸として明治期に建てられ、

昭和11年に西洋風に改築された鎌倉を代表する洋館で、

古き良き品格が漂う、

ある意味、時空を超えたかの様な趣の建物です。

01

「かこ さとしの世界」という特別展が昨年、

この鎌倉文学館で行われました。

有名な絵本作家である、かこさとし氏の作品原画、

資料等が数多く展示され、素晴らしい内容でした。

かこ氏の描く、可愛らしい絵本の奥にある膨大な研究量、

そして哲学。

誰にでもわかり易く、子供から大人まで楽しめる絵本でありながら、

そこに広がる世界は、人が生きる上で大切な何かを教えてくれます。

まさに「微に入り細にわたる」仕事ぶりに感銘を受けました。

「だるまちゃん と てんぐちゃん」等の作品は、

多くの人が幼い頃に手にしたのではないでしょうか。

大人になって、今一度読んでみるのも興味深いものです。

かこさとし

この様な良質な展示会を鎌倉文学館という空間が、

より一層、味わい深いものにしてくれていたとも感じます。

古い洋館の中に流れる重厚感の中で、

ゆっくりと時間を過ごすのが何よりの魅力です。

これからの鎌倉文学館の展示会やイベントにも大いに期待できます。

そしてここ長谷も、更に奥深く魅力的な町になれば良いな、

と思うのであります。

むつ富  H・N

大仏切通し だいぶつきりどおし

2012年1月26日

季節が良くなってきたので、大仏切通しに行ってみよう。

「切通し」とは、山・丘などを切り開いて作った道のこと。

鎌倉は南を海に面し、残る三方は山に囲まれているため、

切通しと呼ばれる山道があちこちに残る。

鎌倉で「七切通し」と呼ばれる道の一つに「大仏切通し」があるが、

ご存知だろうか。

 

人ひとりしか通れないような狭隘な道。

途中に崖があって危険ということで、かつては通行が制限されていたが、

いまはロープや木の柵で道が整備され、通れるようになっている。

この切通しは実に「切通し」と呼ぶにふさわしい道で、

まさに鎌倉時代を髣髴とさせる景観・雰囲気を体感できる。

01

入口は長谷から大仏トンネルを抜け、二つ目のバス停「火の見下」にある。

民家の横を通り抜け、山に入る角を曲がると、

いきなり中世にタイムスリップする。

前から騎馬武者が現れても何の不思議もないような山中の世界。

陸から鎌倉を攻めるのがいかに困難だったかを実感できる。

 

この道に立つと、鳥肌のたつような感動を覚える。

これは長谷の大いなる遺産だと思う。

そこを通り抜けると開けた道に出て、

やがて大仏トンネルの上のハイキングコースに合流する。

この後のハイキングの感慨もひとしおとなること間違いなし。

 

千代仁

02

 

海沿いの繋がり

2012年1月26日

思春期(という言葉がまだ時代に適うのかな?)、

由比ガ浜の自宅から材木座の中学に通い、長谷の友達の家で遊んだ。

海岸に沿って、一日が動いていた。

材木座も長谷も、そしてもちろん由比ガ浜も、

日々の暮らしを支える商店街が活気を呈し、

今日のような観光産業はほとんどみかけることのなかった時代。

今縁あってここ長谷で、主に観光客を相手の仕事をしている。

 

中学校の校門を出るとすぐにトンネルがある。

その外側の山肌に立つと、下に光明寺の大伽藍が迫り、

海岸線を長谷・坂ノ下に沿ってたどると、稲村ガ崎、江ノ島が海に浮かぶ。

その奥には伊豆半島が陽炎のように遠く南に連なり、

中空に幻影のような富士山が泰然とたたずむ。

そんな景色を見ながら育った。

その景色を、日本で一番美しい情景と、今でも信じて疑わない。

 

優しかった一つ上の先輩は、材木座のしらす漁師として名を馳せ、

鎌倉の名産「しらす」を世に知らしめた。

平素は地元坂ノ下の漁師に求める、しらす。

「すんません。ウチ、近くの喜○丸で仕入れてます」と言うと、

「いいんだよ、漁師はみんな仲間だからよー」と笑顔で返すコーゾーさん。

事情でしらすが手に入らない時、

「先輩、ちょっと面倒見てくださいよ!」と不義理を承知で頼み込むと、

「俺んとこも獲れてないけど、もう一回船出すから、獲れたら連絡すんなぁ」。

昼ごろ「○○クン、獲ったぞー!!」と船上から電話。

『無理して獲ってきてくれたな・・』

01

年が明け、その人の突然の訃報。

通夜には、斎場に入りきれない弔問客の列が道にあふれる。

その人柄が、絶えることのない人の波を迎えていた。

今冬の海を眺めていると、その人が操る船の航跡が思い出される。

コーゾーさんのことを旧友と語り、酒を交わしていると、

海に沿った繋がりが今を生かしてくれている、そんな思いが深くなる。

 

海に暮らす人の町でもある、鎌倉。

わかめ漁が最盛期を迎えている。

長谷・坂ノ下と材木座、腰越がそこである。02

 

「最後から二番目の恋」 Part2

2012年1月26日

鎌倉を舞台にした評判のドラマ「最後から二番目の恋」。

先日このドラマのロケが長谷寺であり、

私たち地元の者がエキストラとして出演する事になりました。

数日前にフジテレビの担当者が来店され、

「地元の方で、エキストラを募集しているのですが」とのご相談があり、

声かけをして老若男女15名が集まりました。

鎌倉のあちらこちらでロケをしているので、

一度ぐらいはその現場に出くわしたいと

思っていましたが、まさか自分が出演する事になろうとは!!

当日は、朝7時に長谷寺山門前に集合。

朝日の当たった山門がとてもきれいで、

いつもとは一味違う一瞬の光景を見る事ができました。

01

撮影場所は境内の見晴台。

階段を上り到着すると、中井喜一、小泉今日子、森口博子さんら俳優陣が

「おはようございます!」と目の前を通り、ちょっとドキドキ。

その後はリハーサル風景を横目で見ながら、ひたすら出番待ちです。

寒さとの戦いの時間でした。

やっと声がかかり、スタッフから立ち位置を指示され撮影開始。

リハーサル、本番カットが繰り返され、

ドラマのワンシーンを目の前で見ている事が、とても不思議な感じでした。

それにしても、ドラマがこんな感じでつくられているとは。

初めての楽しい体験でした。

02

エキストラ事務所の方のお話しでは、「鎌倉でも特に長谷は地域色が

出ている町なので、ぜひ地元の方々に出演していただきたく、声をかけました。

やはり皆さんに出ていただいてよかった」とのこと。

外の方が、長谷の町をこのように見てくれている事が、とても嬉しく感じました。

この後の若宮大路での撮影では、

エキストラをインターネットで募集したそうです。

オンエアは2月9日(木)22:00~(フジテレビ)です。

長谷の面々がどれくらい映っているかは、当日のお楽しみ!!

散歩道 甘縄神明宮から由比ヶ浜

2012年1月26日

長谷観音前の信号を文学館方面に進むと

まもなく、甘縄神明宮へと入る道に着きます。

鎌倉彫陽堂さんの店舗の手前の道がそれで、突き当りが甘縄神明宮です。

鎌倉で一番古いと言われている神社で、

拝殿の前からは海まで見渡せる、静かな長谷の鎮守様です。

0102

甘縄神明宮参道の向かい、

ウーフカレーさんの横の路地を入ると

江ノ電の踏切に出ます。

この辺りを文豪川端康成が好んで散歩をしたようで、

その姿がよく見かけられたそうです。

030405

踏切を越えるとすぐ

R134に沿った由比ヶ浜海岸です。

長谷観音からゆっくり歩いて10分弱。

この散歩道は

小高い山と、海に面した

長谷を感じることが出来ます。

公衆トイレも2ヶ所有り、安心です。

0607

この日は、羽を休めるカモメたちを見かけることが出来ました。

サーファーや、散歩を楽しむ人たち、

漁業を営む人たちなども見かけます。

 

海岸を逗子方面に進み、滑川の交差点を左折すると若宮大路。

鎌倉駅、鶴岡八幡宮へと続く、鎌倉の幹線道路です。

 

また江の島方面に進み、内陸に入ると

御霊神社や長谷寺、光則寺があります。08

海沿いの三郎丸さんの店頭の写真です。

「3月中旬までシラス漁は禁漁」

鎌倉はせのわ

最新ニュース

《 新型コロナウイルスに関するお知らせ 》

[長谷時間]

4月14日 UP

《 新型コロナウイルスに関するお知らせ 》 新型コロナウイル...

[お花情報]

4月10日UP

桜/サクラ 3月27日(長谷寺)境内の桜は、まだ3...

[お花情報]

2月24日UP

梅/ウメ 2月10日(長谷寺)長谷に春がやってきま...

[お花情報]

2月19日UP

梅/ウメ (御霊神社)境内には、紅梅、白梅が可愛く...

[お花情報]

2月15日UP

梅/ウメ 「2月9日光則寺の梅梅を中心としたお花が...

ハザードマップ

ハザードマップ
神奈川県の避難経路は
こちらをご覧ください。

はせのわオンライン

はせのわオンライン
鎌倉はせのわのオンラインショッピングを掲載。