長谷時間

鎌倉・長谷界隈に流れる時間を感じてもらいたい。そんな想いから生まれました。
まちの商店主たちがメディアには載らないようなちょっとおもしろい話や想い出などをご紹介しています。

  1. HOME
  2. 長谷時間

猫のまなざし -4-

2019年10月21日

海辺の町に育った人間は、なんと言っても夏が好きだ。泳ぎが特別得意じゃなくても、
サーフィンやボードセイリングをするわけじゃなくても夏になると心が弾む。みんながカ
ラフルな服を着て、日差しがカッと明るくて、潮の香りがする風が町に吹く。よそから来
た人たちは鎌倉駅のプラットホームに降り立つだけで潮の香りを感じるらしい。一年じゅ
うそうかと言えばそんなことはなくて、冬は北風だから町に海からの風は吹いてこない。
 だから反対に夏の終わりは嫌だ。何が嫌だと言って日が暮れるのが早くなるのが嫌だ。
温暖化で九月がどれだけ暑くなっても、日が暮れる時間だけは変わってくれない。
 人の心の状態は日照時間に影響される部分が大きく、冬に雪ばかり降って太陽の光が射
すことが少ない土地に住む人は他の土地の人よりウツになる人の割合が高いと言われる。
デトロイトに何年か赴任していた友人は、
「冬はホントに嫌だった」
 と言っていた。デトロイトは五大湖の周辺でアメリカでもかなり北に位置する。海辺の
光に馴れた人間が一年の半分が雪で閉ざされる土地に住むのは監禁されるようなものだ。
彼はよく無事に帰ってきたものだ。
 そんなわけで海辺に育った人間は海のない土地に育った人たちより基本的に暢気で気楽
だと思う。私のデビュー作の『プレーンソング』という小説は若者が集まって日々だらだ
ら過ごす話で、「なんだ、こいつら」と思う人もいるが、おじいさんの代から三浦半島に
暮らしてきた人は、
「これこそ、海辺の人間のメンタリティだ。
 親戚のおじさんや従兄弟たちといるようだった」
 と、おもしろい感想を言ってくれた。
 夏の終わりの夕暮れどきは、そういう海辺の人間の心にさえも陰翳をつける。夏の終わ
りの感傷はどこか失恋に似ているが、失恋と違って、この夕暮れどきという同じ時間にみ
んなが少し寂しくなったり少し心細くなったりしている。しかしその気持ちは語り合われ
ることはなく、一人一人の心にゆっくり沈んでゆく。

 

<プロフィール>

保坂和志(ほさかかずし)

小説家。1956年山梨県生まれ。幼少時。鎌倉長谷に転居。

長谷幼稚園。第一小学校。栄光学園中学・高校、早稲田大学卒。

90年「プレーソング」で小説家デビュー。

95年「この人の閾(いき)」で芥川賞、

97年「季節の記憶」で谷崎潤一郎賞・平林たい子文学賞、

2013年「未明の闘争」で野間文芸賞を受賞。猫好きとして知られる。

2018年「こことよそ」で川端康成賞を受賞

鎌倉はせのわ

最新ニュース

「もみじ○日」(もみじえんにち)

[イベント]

11月20日 UP

「もみじ○日」(もみじえんにち) 日時:11月30日(土) ...

[イベント]

11月20日UP

長谷寺 紅葉ライトアップ(夜間特別拝観) 長谷寺で...

[長谷時間]

10月21日UP

猫のまなざし -4- 海辺の町に育った人間は、なん...

[イベント]

10月07日UP

第33回 長谷の市 <長谷の市とは?>僧門と商人と...

[長谷時間]

9月24日UP

猫のまなざし -3- 「春告鳥」とも書くウグイスは...

ハザードマップ

ハザードマップ
神奈川県の避難経路は
こちらをご覧ください。

はせのわオンライン

はせのわオンライン
鎌倉はせのわのオンラインショッピングを掲載。